2005.07.05
ああっ、なんと私の執筆意欲を駆り立てるドラマであろうか!


今ほど当ブログを立ち上げて良かったと思った事はない。


では舌なめずりしながら月9『スローダンス』について書くとしよう。

しかし俺の脳内は異常な興奮状態ゆえ、とてもじゃないが文章を構成できな〜いので、箇条書きにさせて頂く(読み手なんか知るか)!


1.
最初のほうで妻夫木くんと深津っちゃんが車内で話すシーン…
「相槌打って話を聞いてくれる男はモテる」
「ズケズケと物を言う女はモテる」
などと言い合う。


…これって十年前からなのである。


三十路女と伸び悩む青年の恋物語…

言わずもがな『ロングバケーション』を想起させるやりとりではないか。

観る前から「どうやって“脱ロンバケ”するか」に注目していたが、どうやら制作者の意図は
「どうやってロンバケに近付けるか」
にあるようだ。


確かに避けては通れない道ではあるのだが似ている箇所が多すぎやしないだろうか。


まず広末涼子のポジションはまさに『ロンバケ』の稲森いずみ。
30過ぎの先輩(エリアマネージャー)を突っつきまくり、深津っちゃんに“男に対するジェネレーションギャップ”を与える役所はそっくり同じ。
(ただ広末さんにやって頂くほどの役じゃありませんけど。)


話の展開も、規則を破らない妻夫木くんが深津っちゃんの為に無茶したり…
その理由が“男”というのも同じ。


他にも…空港のシーンで流れたミディアムテンポな洋楽BGMとか…ホントそっくり!
(急にちっちゃくなりましたかねぇ?)

自らツッコんだ所で次へ。



2.
『恋のから騒ぎ』10年目にして遂に月9への扉が開かれた。

さぞやお姉ちゃんは頭をかきむしっているであろう、小林麻央のキャスティングである。

フジに何のメリットがあるのか分からない彼女の出演、役の重要さに反比例するかのような演技力に釘付けにされる。
(妻夫木くんが昔撮った作品の中でもヒドかった…)


逆に、「超演技上手ゃあ!」とトータルテンボスのアフロが叫んだかどうかは知らないが、キンコン西野は魅力的な芝居をしていた。

本当にこの人は何でもソツなくこなす…キャイ〜ン天野のような芸人である(出典:天声慎吾)。

そのオールマイティぶりはエビちゃんにも見習って欲しいもんであるが、唯一あとはツッコミの腕だけが懸念される西野であった(あかんがな!)。

自らツッコんだ所で次へ。


このドラマ最大の謎であるのだが…



3.
フラペチーノって何!?



 ※『スローダンス』バックナンバー
  【第1話】【第2話】【第3話】【第4話】【第5話】【第6話
  【第7話】【第8話】【第9話】【第10話】【最終話

ブログランキング[PC] ⇒ Blog Ranking
良かったらクリックをお願いします!
posted by urokogumo at 09:56 | 埼玉 ☔ | comment(5) | trackback(0) | ドラマ雲
この記事へのコメント
トラックバック、ありがとさんです。
今クールの月9「スローダンス」は、ツッコミどころがいっぱいありますね。
フラペチーノって、低脂肪?のコーヒーと氷をミキサーで混ぜた、冷たいシャーベット状のものです。
かな〜り、甘いです。
posted by ぽぽ at 2005.07.05 19:02
ぽぽさん、コメントありがとうございます!

そっ、そんないくらボクだってフラピ…フラペチーノぐらい何なのか、しっ、知ってマスヨ!
ただオチをつける為にね、無知をね、装ったのよん◎
posted by urokogumo at 2005.07.06 04:04
↑ですよね。
う〜ん、知らないってのは変ですよね・・・。
と、思いつつ、くそ真面目に答えてしまった愚かな、おいら。
失礼をば・・・。
posted by ぽぽ at 2005.07.06 13:28
そっ、そんな愚かだなんて!
ただ少し悔しかったからね、既知をね、装ったのよん×
posted by urokogumo at 2005.07.07 05:12
なんか“キャラメルマキアート”って聞くと堺正章を連想しませんロコ(δεδ)?
posted by urokohime at 2005.07.08 04:31
この記事へのコメントを書く
name: [必須]

mail address:

homepage address:

comment: [必須]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4841444
※ 記事と関係ないトラックバックについては削除する場合があります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。